耳の聴こえが悪い人の商品

男の人

年齢を重ねると耳が聞こえづらくなったと感じている人が多いですが、補聴器はお値段が高いと感じている人がほとんどです。補聴器のレンタルのお店を利用すると、難聴の程度に合った商品が揃っているので、気に入った商品を見つけやすくなっています。

様々な価格から

カウンセリング

補聴器の選び方にはポイントがあります。それは予算の立案、形の選定、性能の3つです。補聴器の相場価格は100000円から500000円と幅が広いですが、高額であることには間違いありません。慎重に選びましょう。

鼻でうまく呼吸が出来ない

男女

鼻はどうしてつまるのか

鼻づまりは、実際になってみると結構辛いもの感じます。普段気にもしない呼吸ですが、口呼吸ばかりを行っていると息苦しく感じますが、もっと問題なのが発音がおかしくなる事です。鼻声になると、周囲の人も違和感や嫌悪感を抱くことすらあるでしょう。また、鼻づまりで口呼吸が長く続きますと、口腔内が乾燥して感染症にもなりやすくなります(唾液による自浄作用の低下)。原因は、鼻の中の遺物や汚れ、風邪を引いて鼻汁が出ている、温度変化で鼻腔が狭窄する、鼻中隔湾曲症などの形態異常で鼻腔が狭くなっているなどがあります。一番後者の場合が困った症状で、いつも鼻が詰まった状態で、寝ているときなどは息苦しくて何度も起きてしまいます。

耳鼻科で鼻の通りを改善

冷気で鼻腔が狭くなって鼻づまり、こうした一時的な鼻づまりは原因が改善されれば良くなりますが、そうではない場合は深刻ですので、耳鼻科に受診して診て貰う必要があります。鼻中隔湾曲症や鼻のポリープでは形態的に手術を要しますので、形成的外科手術を受けなければならないでしょう。副鼻腔炎(蓄膿症)などによる鼻づまりも結構ありますが、症状が酷い時は投薬治療だけでは治らず、上顎洞炎の根治手術で原因を治療します。そこまでは行かないと言うケースでは、内服薬や鼻腔内洗浄と鼻腔を拡張する薬剤などを使います。スプレー式の良いものもありますので耳鼻科で相談されると良いでしょう。ただの風邪だと放置していても、いつまで経っても治らない場合は、風邪ではなく上記のような病気である可能性が高いです。

快適な生活を送るために

ドクター

新宿の耳鼻科は夜まで診察を行っている医院も多く、忙しい方にもおすすめです。多くの耳鼻科がありますので中には土日祝日も対応できる医院があり、その点でも新宿という場所は治療の拠点として都合がよいでしょう。